福岡時計職人の活動

福岡時計職人の活動イメージ
♪大きなのっぽの古時計♪の歌詞にもあるように、時計は大切に使うことで何世代にも渡り生き続けることができます。
 そんな時計たちがいつも元気でいられるように、主治医の役割をするのが私たち『時計職人』です。私たちはそれぞれの師匠から修理の技術を受け継いだり、試行錯誤をしながら独学で探究を重ねたりして、今まで数万個の時計のメンテナンスに携わってきました。
 しかしながら時代の変化とともに職人仲間の数はどんどん減り続け、このままでは時計たちが十分なメンテナンスを受けられなくなるだけでなく、後継者の育成もままならなくなるとたいへん懸念しています。
 そこで、福岡の地で活躍している時計職人たちが、職人の技を後世に伝え、個別に習得した技術を職人仲間で共有し、職人間の情報交換、修理技術の更なる向上などを目的とした『福岡時計職人の会』を立ち上げました。

『福岡時計職人の会』の目的

 福岡時計職人の会の設立にあたり、当初は新聞広告やチラシ広告、イベントの開催などのPR活動を考えていましたが、いずれの広告媒体も単発的、限定的であるため、もっと長期的で且つ広範囲に職人文化をPRできるものをと考え、この『福岡時計職人の会』ホームページを 企画いたしました。
「時計の修理を依頼したいけど、どこの店に頼めばいいのかわからない」
「近くに時計屋さんがあるけど、古い時計の修理を受け付けてもらえるだろうか?」
「他店で買った時計なので修理を依頼したら怒られるかも・・・」
などといった疑問や不安を、できるだけわかりやすく解説し、お住まいの地域の時計店を気軽に利用できる環境をご提供できればという思いで開設いたしました。
 このホームページを通じて皆様のお住まいの地域にも、時計を愛し、永年時計修理に携わってきた職人達がいることを知っていただき、皆様方のお役にたてればと考えています。

『福岡時計職人の会』の目的



私たちの夢 ~福岡ジュネーブ化計画

時計産業が盛んで、時計職人が多く活躍するスイスのジュネーブのような時計の街、時計職人の街にしたいという想いから、「福岡ジュネーブ化計画」という大きな夢を掲げ、その夢の実現のために福岡の時計職人が力を合わせています。皆様の温かいご支援とご理解をいただけましたら幸いです。

PAGE UP

定期的な勉強会、技術研修会を実施しています

毎月1回、福岡県時計貴金属眼鏡商業協同組合2階会議室に於いて、時計職人の技術向上を目的とした勉強会、技能研修会を実施しております。
また、小学生を対象とした「おしごと体験教室」(主催:福岡県職業能力開発協会)などのイベントにも福岡県時計組合として積極的に参加し、子どもたちや一般の方々に時計の魅力や時計作りの楽しさを発信しております。
シチズン修理技能講習会 シチズン修理技能講習会 時計修理技能セミナー 時計修理技能セミナー 長野セイコーエプソン研修 長野セイコーエプソン研修 研修中の様子 研修中の様子
職人の会本部の研修デスク 総会の様子 職人の会本部の研修デスク キッズ時計作り教室の様子 職人の会本部の研修デスク 近江時計専門学校視察
職人の会本部の研修デスク 恵蘇八幡宮 時計供養祭


「時計職人シニアの会」も同時に発足!

初代ウォッチマスターが、若手時計職人に時計修理の技術を伝承すべく、「福岡時計マスターズの会」も発足いたしました。
ウォッチマスター
マスターズの会 現会員
ウォッチマスター ウォッチマスター
職人の会本部の研修デスクにて

活動内容を紹介する各メディアの取材

「福岡時計職人の会」発足にあたり、様々なメディアより取材していただきました。関係者の方々へ厚く御礼申し上げます。

RKBラジオカースナッピーRKBラジオカースナッピー スナッピー取材を受ける時計職人スナッピー取材を受ける時計職人 読売新聞夕刊で紹介されました
ラジオ生放送中!
ラジオ生放送中!
読売新聞社の取材風景
読売新聞社の取材風景
読売新聞夕刊で紹介されました
ウォッチマスター ウォッチマスター ウォッチマスター
知事へ修理実演中の様子  福岡県知事表敬訪問
ウォッチマスター
毎日新聞夕刊掲載記事 朝日新聞朝刊掲載記事
PAGE UP

定期的な勉強会、技術研修会を実施しています

ロゴ

この職人マークは、「福岡時計職人の会」の共通マークとして制作しました。

誠実で生真面目な時計職人を、歴史を感じさせるレトロなイメージでデザインいたしました。

店頭入り口のステッカーや、のぼりなどで展開しています。

「福岡時計職人の会」規約


一. 常に笑顔の接客をむねとします
一. お客様のご要望に全力でお答えします
一. 一人の力で解決できない問題は仲間と共に答えを見つける努力をします
一. 常に技能の研鑽に努めます
一. 積極的に後輩の指導を致します
福岡時計職人の会一同